Google

Yahoo! JAPAN



マツモトキヨシリンク集

株式会社マツモトキヨシ(英文表記:Matsumoto Kiyoshi Co.,Ltd.)は、ドラッグストア(薬店)チェーンの日本最大手企業。マツモトキヨシホールディングスの子会社にして、マツモトキヨシグループの中枢を担っている。現在の社長は隼田登志夫。創業者・松本清の三男、松本鉄男が取締役を務める[1]。略称マツキヨ。本社所在地は千葉県松戸市新松戸東9番地1(旧・幸谷)。

主に関東地方(千葉県・東京都など)にて小規模店舗を、全国の郊外においてロードサイド店舗を主力に展開している。また、2005年8月にはドラッグストア業界で初めて電子マネー「Edy」[2]を導入している。 マツモトキヨシの各店舗には、その店が何号店であるかが店頭に明記されている(例:300号店の場合…No.300号店)。また、1号店を出店する際に、見栄を張って店頭に「21号店」と書いていた。柏で開店した「21号店」は現在は閉店しているため、小金にある「22号店」が事実上の第1号店舗として認知されている。 また、プライベート・ブランドとして「MK CUSTOMER(エムケーカスタマー)」を発売しており、医薬品・化粧品・雑貨・食品と4つのカテゴリーに分けて展開している[3]。 なお、「MK CUSTOMER」はマツモトキヨシだけでなく、グループ会社や提携先企業の店舗で取り扱っている。

ドラッグストア事業が中心であり、売上高の9割以上を占める。2005年8月からはドラッグストアのフランチャイズ展開を始めたほか、2006年3月にはエキナカ向けの新型店舗を出店している。 1990年代まで、本社のある地元松戸市や隣の柏市および流山市では、ドラッグストア事業だけでなく、スーパーマーケット事業とホームセンター事業も有名であり、当時松戸市周辺では、マツモトキヨシといえばドラッグストアとスーパーマーケット両方のイメージが強かった。特に南柏駅前は、東口と西口それぞれの徒歩3分以内の場所にスーパーがあったこともある(両店とも現在はドラッグストアに転換)。 ホームセンター事業は継続しているが、スーパーマーケット事業については、競争激化に伴い2006年8月20日をもって撤退した。スーパーマーケットだった店舗は、その多くが完全にドラッグストアに転換しているが、中には柏市を基盤とするスーパーマーケットの「おっ母さん食品館」と共存しているところもある。 2006 年3月13日、新業態の「COS-MEDI Station」を開店。また2009年7 月13日には医薬品に特化した新業態のコンビニ型ファーマシー「Medi+マツキヨ」の展開を開始した。 2008 年7月1日、北関東・東北・北海道を中心とした当社店舗70店を、吸収分割によりエムケイ東日本販売へ譲渡している。以降に開店した同地域の店舗はエムケイ東日本販売が運営している。 詳細は「エムケイ東日本販売」を参照 * 薬粧事業(ドラッグストア事業) - 760店舗(うち18店舗がフランチャイズ) o 都市型店舗 - 1987年から展開 o 郊外型店舗 o 調剤薬局併設店舗 o 新タイプドラッグストア(エキナカ)「COS-MEDI」 o 医薬品に特化したコンビニ型「Medi+マツキヨ」 * ホームセンター事業 - 5店舗 * 【 業務提携企業 】サッポロドラッグストアー(北海道)、横浜ファーマシー(青森、秋田、岩手)、トウブドラッグ(東京、埼玉、千葉)、ぱぱす(東京、千葉)、杉浦薬品(愛知、岐阜)、ミドリ薬品(鹿児島、宮崎、熊本、福岡、長崎、佐賀、大分、沖縄)、オークワ(和歌山、三重、奈良、大阪)、モリス(兵庫)、キョーエイ(徳島、香川)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 マツモトキヨシ リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4